店舗でのキャッシング手続きは使われているのか

昔は街中で多く見かけた消費者金融の店舗は、今では大手であっても日本全国に数えるほどしか設置されていません。無人の自動契約機であれば各地に多くありますが、有人の店舗となると繁華街や人通りの多いターミナルに設置されているに留まります。

 

消費者金融最大手のアコムやプロミスでもそのような状況で、準大手や中堅どころではそれこそ店舗は限られたところにしかありません。ここまで店舗が減ってくるともはや使われているのか疑問に感じる部分もあり、困ったときに店舗に足を運ぶのもどうしたものかと考えてしまいます。

 

実際、現在の消費者金融の状況を見てみると、店舗はあまり使われていません。どこのカードローンでも来店不要を売りにしていることもあり、店舗での契約や借り入れは行わない方がほとんどです。契約機となるとまだ使われていますが、昔のように店舗で対面しての審査や契約、借り入れはあまり行われていないのです。

 

一部の消費者金融では店舗での契約はできても融資は行っていないところもあり、防犯の面で見ても消費者金融側としては店舗はあまり使いたくないと言えるのかもしれません。それでも返済に困ったとき、契約内容の確認などには担当者がいる店舗は役立つのも事実なので、借りるのであればいざというときに相談ができる店舗がある消費者金融の方が安心ではあります。

 

使わなければ使わないままでも良いので、早い借り入れを安心して利用したいなら店舗がある即日融資キャッシングの利用先を探してみるのも悪くありません。